« 2007年06月 | メイン | 2007年08月 »

2007年07月26日

ひと夏の読書

皆様、いかがお過ごしでしょうか。腹筋を日課に取り入れた龍之介です。気がたるんでいると腹もたるむみたいなので、少し引き締めたいと思います。できれば、六つに割ってみたいのですが、そこまでするには一日何百回もしないと無理そうなので諦めます。

先日、『セカチュー』こと、『世界の中心で、愛をさけぶ』(片山恭一著)の文庫本を読みました。一応、映画やドラマも見たので話の内容は概ね理解していたのですが、若干違うところもあり、その違いを堪能することができました。
読んでみて思ったのは、やはり原作が最もサクの心を強く、深く、繊細に描かれている気がしました。
アキを思う気持ちの強さが、文章の節々から痛いほど伝わってきて、もし彼女が病気でなかったらと何度も思ってしまいました。特に、圧巻だったのは映画でもドラマでも使われた「助けてください」と何度も叫ぶシーンですね。意識を失って倒れたアキを抱えながら、何かに逆らうかのように声も限りに叫ぶシーンは字面を追うだけでも迫力があり、胸にずしんと響きました。映画のCMでのこのシーンの印象が強いせいか、最初はそこが世界の中心で、愛をさけんでいたのだと勘違いしたことを思い出してしまいました。
会話の間にある情景も丁寧に書かれていて、どういうシーンかを容易にイメージすることができました。ただ、これは事前に映画などを見ていたからというのもありますが。現に、サクは森山未來、アキは長澤まさみのイメージで読み進めていたので。しかし、丁寧でありながらもテンポよく話が進んでいるので、中だるみすることは無いかと思います。

一大ムーブメントを巻き起こした作品の原本に触れたことで、改めて素晴らしさを実感した気がします。この映画やドラマを見て骨髄バンクに登録した人が急増したというのもうなずけます。もちろん、私も骨髄バンクに加入していますよ。ただ、この作品よりも前の話ですが。いつかは自分の骨髄も誰かの命を救えたらなと思っています。

まだ読んでない人がいれば、一読することをお勧めします。全体的に読みやすいですし、個人差はありますが、早い人なら1日で読破できますよ。学生の方は読書感想文にもうってつけだと思います。
ただ、世界の片隅で書いたこのブログを、読書感想文に引用するのはあまりお勧めしませんので、悪しからず。

投稿者 龍之介 : 00:01 | コメント (0)

2007年07月25日

今アメリカは・・・

城谷小夜子です。
成田〜LA〜セドナ〜LA〜SF〜ロードアイランド〜ボストン〜NY〜SF〜成田と、
アメリカを3週間ほど縦断してきた。
2年ぶりのアメリカは、
ますます空港でのセキュリティ・チェックが
厳しくなっていたことに驚いた。
くつや上着、バンドを外すことは当たり前になり、
このたびは、液体の機内持ち込みが禁止になっていた。
成田で「持ち込めない。ここで飲め」といわれ、
500ミリのボトルを飲めるだけ飲んだが、半分はその場で捨てた。
ロサンゼルスの空港では、シャンプー、トリートメント、コンディショナー、ヘアジェル、化粧水も取り上げられた。
それから飛行機に乗る度に、化粧品はすべてスーツケースに入れた。
あんなに1日中起こっていたら、早死にするよ。
アメリカの平均寿命は70才という。85才の日本と比べてとても人生短いんだ。

しかし、だからだろうか、
アメリカ人たちのあの明るさは天下一品だ。
ブロードウエイでは
黒人たちが大活躍。
5年前には考えられなかったが、
今確実にブロードウエイは白人だけのものではないことを強く感じた。
9・11以来アメリカの根底でなにかが変わりだした。

「カラーパープル」は黒人だけのミュージカル。
22才のフランシアが主役を張り、大絶賛されていた。
どの劇場も満員で、世界中から観客を集め
ものすごいレベルのミュージカルが毎晩演じられている。
これだけの俳優たちがいるのがアメリカなのだ。

アメリカの人々は劇場だけでなく
どこででも、冗談を言合い、笑い、知らない同志がすぐに語り合う。
飛行機の中でも、添乗員がクイズをだしたり、
ボストンに着いたときなど、「え〜っと、今ここは何時かな〜?」とマイクで客に聞くのだ。
するとたくさんの客が「11時!」と返事した。
「は〜い、みなさん、11時に時計を合わせてね」と、なんと日本ではありえない光景だろう。

わたしは、日本語が聞こえるとそちらを見て会釈する。
その日本人たちの中で、会釈をかえした人は一人もいなかった。
ましてや会話出来た人などあり得ないほど。
日本人の非友好的な国民性を感じた。

まったくもって、日本人は、挨拶しあわない。
SF空港で、搭乗口で待っている日本人たちの
なんと暗く、閉じこもった表情だったろう。

明るくいこうよ
明るく。
ポケットに小銭しかなくても
空は青いし、
お日様は輝いているさ〜

「無財の七施」をサイトで引いた。

1 眼 施 がんせ   慈眼施ともいい、慈しみに満ちた優しいまなざしで、
               すべてに接することをいいます。温かい心は、自らの

               目を通して相手に伝わるのです。

2 和顔施 わげんせ  和顔悦色施ともいいます.いつもなごやかで穏やかな
               顔つきで人や物に接する行為です。喜びを素直に顔の

               表情にあらわしましょう。

3 愛語施 あいごせ  言辞施(ごんじせ)の別称もあります。文字通り優し
              い言葉、思いやりのある態度で言葉を交わす行ないを

               いいます。

4 身 施 しんせ    捨身施ともいいます。自分の身体で奉仕をすること。
               身体で示すことをさし自ら進んで他のために尽くす気

               持ちが大切です。

5 心 施 しんせ    心慮施。他のために心をくばり、心底から共に喜び共
               に悲しむことができ,他の痛みや苦しみを自らのもの

               として感じ取れる心持ち。

6 牀座施 しょうざせ  たとえば自分が疲れていても電車の中で喜んで席を譲
               る行為。また競争相手にさえも自分の地位を譲って悔

               いなく過ごせることをいいます。

7 房舎施 ぼうしゃせ 風や雨露をしのぐ所を与えること。自分が半身濡れな
               がらも、相手に雨がかからないように傘を差し掛ける

               思いやりの行為など。

せめてにこにことした顔で毎日を過ごしたいと
思った次第である。

時差ぼけのせいか、
午前4時になった。
鳥たちが起き出したぞ!
さぁ、今日も一日 人生を生きよう!


投稿者 城谷小夜子 : 12:17 | コメント (0)

心に活力を

 なんとなく、鬱々と落ち込んだ気分が続いています。
 理由もないのに気持ちが沈み、どうしてだろうとまた悩み。
 そんな時ふと思ったんですが、理由もなく気分がうきうき軽い時っていうのもありますよね。そういう時は、どうしてかなんて別に気にしないかも。
 気分なんて、単に脳内物質の関係でそうなってるだけかもしれないし、あまり考えてもしょうがないということなんでしょうか……。

 最近、本を読んでいないなあ、と思います。
 好きなジャンルの作品は漫画であれ、活字であれ、放っておいても読むのですが、なじみのないジャンル、今まで接したことのない作者の場合、読むのには何らかのきっかけが必要なのかもしれません。
 本屋さんに行くと人気の本がよく平積みになっているので、眺めているとすごく面白そうな気がするのですが、結局手を出さないまま目の前を通り過ぎていってしまいます。

 先日、見覚えのない漫画ばかり平積みになっているなあ、と思ったら、今月から新しく始まるドラマの原作本でした。
 最近は本とに多いのですね、漫画原作のドラマ……。以前からそうだったけど、「のだめカンタービレ」の成功が拍車をかけているのかもしれません。
 確かに「のだめ」ドラマは、原作に比べれば雑な所もあったけれど、「いいものを作るぞ」っていう熱気みたいなものが全体から感じられて、良かったと思います。コミカルなシーンも大真面目でノリノリで。配役も、わりとイメージを大事にしてたし(ドイツ人の役を日本人がやるのはともかく)。

 きっかけはなんにせよ、普段漫画を読まない人にも漫画の良さが広まれば嬉しいです。
 頭を柔らかく、心を柔らかく、感情を豊かにして生きるためには、漫画を読むことはとても効果的だと思います。
 素晴らしい作品に出会った時の、震えるような感動や、しびれるような恍惚感。
 日常、なかなか経験できないものですしね。

投稿者 YUKI : 10:13 | コメント (0)

2007年07月19日

耳鳴り

 愛機のパワーあふれるエンジンに背中を押されながら飛びつづけた日は、夜、床の中でも4000ヘルツの音の中で飛んでいる。
 

怖くはないですか?とよく訊かれる。
そのときは、正直に感じたことを話すことにしている。

実は、飛行中に自分の姿を意識すると、なんとも頼りなくなってしまうことがある。周りを見回すと、地上ははるか下のほう、足の下には何もない。たった2本のライザーで吊られている哀れな存在に見えてくる。すると、「もしこれが切れたら?」と、つまらぬ考えがふっと沸いてくることがある。不安がいきなり沸き起こるや、「怖い」という感情が偉そうに登場する。

そんなときは?

ライザーに命を懸けている事実を確かめ信じることだ。

「とにかく今は飛んでいるのだから、地上に降りるまでは信頼するのだ。
ライザーが切れる確率は、ほとんどないに等しい。
墜落することばかりを考えて、後悔しながら飛ぶのは望むところではない。
少なくとも、今は、地上に激突することなく、前に進んでいるのだから。
あとは、そのまま目的地にまっしぐらだ」


そして、怖いまま思い切り大きな声を出す。


その瞬間、怖さは支配者ではなくなる。怖さと一緒にいることができる。

自分は生きている、と全身で感じられるのだ。

投稿者 恵比寿 : 20:34 | コメント (0)

2007年07月16日

No pain, No gain.

皆様、いかがお過ごしでしょうか。去年の今頃に比べて体重が2キロ増えてしまった龍之介です。ただ、「自分の身長×0.9=標準体重」よりはまだ少ないので、メタボリックの問題はないと思うのですが、油断はできません。年齢とともに筋肉が落ち、贅肉となるのですから、少しでも防がなくては。
あと、今年はあまり運動をしていないため(強いて言えば自転車で外出する程度)、夏バテしないだけの体力があるか気になるところ。7月までは大丈夫なのですが、8月上旬辺りから、段々とバテるのが毎年の傾向になっているため、それを回避する上でも、体力強化は必須です。

そこで、以前挑戦した『体力増強プロジェクト』を再度実行することに。
そんなことを書くと、「ビリーズブートキャンプ」みたいなイメージを持たれるかもしれませんが、そんなことはありません。
することは至極単純です。実現可能な目標を設定し、次の日以降に実行した運動の内容をノートにまとめるだけです。
例えば、「毎日腹筋と腕立て伏せを○回する(○の中は任意の数字)」と設定し、あとは日記のように、その日の運動内容をまとめるだけなのですから。ただし、最低でも一週間は続けるというノルマを課さなければなりません。そのためにもあまり無理な設定はせず、最初は自分ができそうな範囲に止めておくのが肝心です。
その日だけで満足していたら、三日坊主どころか一日坊主で終わってしまいますし、日常生活に支障を及ぼすほどの筋肉痛になってしまっては元も子もないですから。

そして、目標を果たすことができたら、自分にちょっとしたご褒美を与えるのも継続させる一つの手です。ささやかなプレゼントを自分に与えるとともに、続けることができたことでプチ達成感も得られるので、一石二鳥です。更には、続けることによって、更に続けて行こうという向上心も芽生えてくる可能性もあります。私はこれで半年継続させることができ、その間に体重を5キロ落とすことができました。
ちなみに、最初はあまり道具を使わない運動がいいかと思います。下手に通販で買っても、すぐに使わなくなって、ただの場所取りになってしまうと元も子もありませんから。この点で失敗したこともあるので、あまり偉そうなことは言えませんが。

こういうことは日々の積み重ねが大事なのかもしれませんね。すぐさま手に入れるのは難しいですし、『No pain, No gain(苦労なくして、得られるものはなし)』といったところでしょうか。ただ、得られたときの喜びはその分大きいのが励みになりますけどね。

投稿者 龍之介 : 19:49 | コメント (0)

2007年07月14日

テストって何だろう

 先日、新聞で「学力テストで不正」(東京の公立小学校)という記事を見ました。
 テスト中に、先生が誤答を指でさして児童に教えた、しかも校長先生の指示で(つまりは学校ぐるみで)こうしたことを行っていた、というもの。
 テレビのような報道機関では、この件を不正、すなわち良くないこと、として伝えるのでしょうけど……どうなんでしょう、実際のところ。
 自分が小学生だった時にこの話を聞いたら、多分単純に「ずるい」と思っただけだったでしょうけど。
 世の中には、そもそもテストなんてもの必要ない、という意見もありますよね。

 「テスト」というものを、充分に学習の習熟度を上げた上での力だめしと考えるなら、こういうことはしない方がいいかもしれない。
 でも、準備ができていない状態で、やる前から30点、40点しかとれないことがわかっているテストを受けるのは、かなりの苦痛です。自分もやったことありますよ、はい(笑)。
 じゃあテストの点をちゃんととるためにも勉強しようということになったら、目的と手段が逆になってしまうし。
 そもそもテストの存在自体、受ける側の子供にとってかなりのストレスにもなります。

 いわゆる「教育」問題が報道機関で取り上げられることが多い昨今。
 新聞ではまだしも複雑な事例を掘り下げた記事もありますが、テレビだと難しい問題に話が行く前に終わっちゃうんですよね……。学校とか、子供のこととかってそんなに簡単ではないよなあ、と思ったりします。

投稿者 YUKI : 13:17 | コメント (0)

2007年07月06日

脳を刺激する方法

皆様いかがお過ごしでしょうか。時折、何の気なしに左手で字を書いている龍之介です。とは言え、年月を重ねても、やっぱりミミズが這っているような字のままでした。特に「そ」とか「ぬ」といったカーブの多い字が大変です。子供の頃に書いた字ってこんな感じだったなと昔の記憶が蘇りました。

そんな訳でノスタルジックな気分に浸っていたのですが、左手で字を書く以外にも脳を刺激する方法があることが分かりました。
簡単にできるものが多いので、いくつか紹介したいと思います。

…牟弌δ務悒襦璽箸鬚い弔發醗磴Ε襦璽箸砲垢襦繕疇擦鮹気垢里皸譴弔亮蠅任垢、逆に遠回りしていつもと違う道を選ぶのもいいようです。通る道を一本ずらすだけでも意外な発見があり、そこから刺激が得られるとのことです。
これは、私も時々するのですが、ちょっと違う道を選んだだけでも景色が全然違うものに見えるので、オススメです。意外なところにカフェがあったり、立派なお屋敷があったりと簡単に別世界を堪能できますから。この前は猫の集会を目撃しましたよ。

⇒き腕でない方で湯飲みを持つ&いつもと違う飲み物を摂る〜前者は字を書くか湯飲みを持つかの違いなので、ペンの代わりに使えそうです。あと、後者のいつもと違うものを飲むというのも重要な意味を持っているようです。やはり、同じ飲み物ばかりでは飽きるし、マンネリになってしまって脳が刺激されなくなるために、色々な飲み物を摂った方がいいとのことでした。脳だけでなく、舌にも様々な刺激を与えると言ったところでしょうか。

I畸閉阿ない音楽を聴く〜これも耳に様々な刺激を与えるといったところでしょうか。ちなみに、刺激を与えるからと言っても、別にハードロックを聴けというわけではなく、普段自分がよく聞くジャンルとは全く別物の曲を聴くといいということですので、悪しからず。私は最近のヒット曲などを聴くことが多いのですが、たまにクラシック(のだめカンタービレの影響もあって)や昔の洋楽(ビートルズやクイーンなど)を聴いているので、この点に関してはすでに実行済みかもしれません。

いずれにせよ、日常生活においてちょっとだけいつもと違うことをするというのが大事なようです。しかも、自分のちょっとしたアイデア一つでいくらでも変えられるのだから、選択肢の幅はかなり広そうです。ただ、何かを変えようと思った段階で、すでに脳の刺激は始まっているのかもしれませんね。

投稿者 龍之介 : 00:02 | コメント (0)

2007年07月04日

変態非行 いや編隊飛行

 空を飛んでいる物体を見つけると、人々は眼を奪われ、くぎづけになる。

そして、それが人間だとわかると、おもわず手を振ってしまうようだ。

すごい大発見をしたような、気付き体験に思わず笑みがこぼれる。

 しかし、何度もそれに見慣れてしまうと、そうでなくなる。好奇心は満たされなくなり、

嬉し楽しが、不快感に変わる。人間は、常に、面白いものをさがしているようだ。


 では、ふたつ飛んでいたら、どうだろうか? それも、並んで一緒に飛んでいたら?

「いつものおかしなのが」ではなく、「見事だ」の驚嘆に変わる。

 まさにその時が、新たな好奇心に火がつき、空にあこがれる純粋な少年が生まれる瞬間だ。

投稿者 恵比寿 : 21:57 | コメント (0)

7月になって

 ちょっと体調を崩してしまったりしまして、この更新も久しぶりになってしまいました。
 気温が妙に下がったり、また暑くなったりしていたので、体力が落ちていたところに何かの菌でももらってきたのか、急に寒気を覚えまして。
 夏だというのに布団をたくさんかぶり、毛糸の靴下に手袋まで身につけてもまだ寒いという状態で……。夏の風邪って、案外怖いとのことです。
 先月は、元気に旅行に行ってきたりしてたんですけど。

 行き先は長野県です。
 短い期間ではありましたが、自然、歴史、おいしい食べ物、と色々楽しませていただきました。
 善光寺の門前町を散策したり、物珍しい風景がおもしろかったです。
 1つ、カルチャーショックを受けたことがあります。駅前近くのにぎやかな通りを歩いていた時だったんですけど、ふと気がつくと、何かあるべきものが見当たらないような気がしたんですよね。
 「あるべきもの」と思ったのはラーメン屋さんでした。北海道では、特に札幌や旭川のような街ではしょっちゅう見かけるものです。
 長野と言えば信州そば。やはりそば屋さんが圧倒的に多かったです。
 ラーメン屋さんも「全くない」ということはないんですけど、そんなところでも文化の違い、というのを感じました。

 7月に入ってから、暑い日が続いています。
 いまひとつ体がまだ本調子でないので、あまり出歩かないようにしていますが、何もしないで(考えないで)いるとこのブログに書くこともなくなってしまうので(笑)。そろそろ活動範囲を広げたいとも思っているこの頃です。

投稿者 YUKI : 13:43 | コメント (0)

2007年07月03日

からだのこえを聴く

準備して
本番
後かたづけ
準備して
本番
後かたづけ

この繰り返しがわたしの人生
しかも
いくつものラインが同時に動いている。
例えば芝居を作りながら、次の芝居のことを考え、義太夫の稽古に通い、会の経営・運営、営業、書き物
どうしても家事の時間を削ってしまう。
1週間に1日ぐらい家にいて、のんびりすればいいんだ・・・

後かたづけと
次の準備の間に
「休憩」が必要なのだ!

人間は
「からだ」と「こころ=感情・意志」と「たましい」から出来ている。
この3つのバランスが
とても大事・・・・

小夜子さん、あなたは意志力が強くて
からだの悲鳴を聞いてあげていませんよ。

今腰が痛くなってきているのは「疲れ」のシグナル
「からだのこえを聴いてあげてください」
・・・・・・

あさってから3週間USA
元気に出発して
元気に帰国したい

そうだ、
今日荷物を成田に出すだけでいい。
明日はのんびりしよう。

準備して
本番
後かたづけ
そして「休憩」

投稿者 城谷小夜子 : 06:03 | コメント (0)