« 2007年05月 | メイン | 2007年07月 »

2007年06月29日

左手の魔法

皆様、いかがお過ごしでしょうか。めまいはだいぶ回復してきた龍之介です。やっぱり、十分な栄養、十分な休養、適度な気分転換などリフレッシュできるように取り組むと体にいいみたいです。
改めて健康のありがたみを実感しました。今後はなるべく気をつけます。

さて、突然話を変えるとして、今回は私が中学生の頃にあった話です。
クラスで右手をケガして左手で字を書くことを余儀なくされた人がいました。利き手の右手が使えず、ノートの文字もうまく書けない状態だった(最終的には、他の人にノートをコピーさせてもらっていた)ため、大変だなと思っていたのを今でも覚えています。しかし、ケガが治った直後にあったテストではその人がクラスで1位を取ったのです。
もともと成績は上位クラスにいたものの、何でそんな離れ業ができたのかと一時騒然となったのですが、本人が言うには「利き手じゃない左手を使ったことで、普段使わない脳細胞が活発化したんじゃないか」とのことでした。
その日を境に、利き手をケガしていないのに違う手を使ってノートをまとめる人が続出したのは言うまでもないですね。ついでに、私もその中のひとりであったことも。

とは言え、左手で字を書くのは想像以上にハードな作業でした。横線を引くときも右手なら左から右へとスムーズに引けるのに、左手だとなぜか左から右へとなってしまう上に、小刻みに震えてしまい、ミミズが這っているようだと言われましたから。速記なんてまず無理です。
修練するまでにはかなり長い時間を要しそうでしたし、それ以前に本当に脳細胞が活発化されるのか半信半疑になったこともあり、結局すぐにやめてしまいました。現在も右利きのみのままです。

ところが先日、ある雑誌を読んだところ、普段と違う手を使って字を書く作業は本当に脳の活発化に効果があるという記事が載っており驚いてしまいました。
そこには、彼が言うように、普段使わない手で書くことで脳に刺激が与えられ、活発化されると書かれておりました。ということは、あのまま続けていれば、更なる刺激を与えられ、脳はいつまでも刺激される上に、右と左で別の文字を書けるという一発芸だって身に付けられたんじゃないかと思うと、ちょっと残念でなりません。
ただ、今からでも遅くはないはずなので、若々しさを保つ上でも試してみます。ただ、あまり頻繁にやると刺激が薄れそうなので、時々でいいのかもしれないな。

投稿者 龍之介 : 00:02 | コメント (0)

2007年06月23日

ベランダの風景

 前回ライラックのことを書きましたが、今はマーガレットやジャーマンアイリスの花が咲いています。
 身近にあって目を楽しませてくれるものは、こうした植物の他に、鳥さん達がいます。
 家族が毎朝ご飯粒を撒いているため、それなりの数の鳥さん達が来るようになりました。ほとんどはスズメやカラスですが、たまに知らない鳥も来ているようです。

 スズメは子育ての季節らしく、ベランダのガラス越しにじっと見ていると、中に子スズメがいるのがわかります。
 もともと小さな鳥なので、見た目ではほとんど親鳥と区別がつきません。でもよく見ていると、子スズメは自分で餌を食べません。親に食べさせてもらっています。
 しきりに羽を震わせて、食べ物をねだる仕草が可愛くて……。
 親はせっせと子供の口にご飯粒を拾って入れてやります。自分で食べればいいような気もしますが(笑)。
 スズメの社会のことはよくわかりませんが、あの子供たちももうじき親離れするのでしょうね。

 ちなみにカラスも子育て中です。先日、家族が親ガラスから威嚇されたそうです。相手は真剣なので、結構な迫力だったそうです。
 昨年、近所の公園で、小さなカラスばかりが集まっているのを見たことがありますが、あれは親離れ直後の子ガラス達だったのかもしれません。
 カラスの幼稚園があるというのは本当でしょうか。想像すると、可愛いですけど(笑)。

 夜になると、たまに蛙の合唱を聞くことがあります。
 田舎の我が町でも舗装道路が増えて、蛙の生き続けられるような水場は減ったと思います。両生類である彼らが水のない場所を移動できるとは思えないし、どこかに細々と繁殖できる場所が残っているのかもしれません。鳴き声を聞いていると、夏の夜も涼しくなります。

 身近で生き物たちの営みが続いているのを知ると、ホッとします。

投稿者 YUKI : 12:45 | コメント (0)

2007年06月22日

続・めまいにまつわるエトセトラ

皆様、いかがお過ごしでしょうか。結局、めまいは単なる貧血からきたものだと分かった龍之介です。例えて言うなら、立ち上がったときに来るフラッとした感覚が他のシチュエーションでも起こったところでしょうか。お騒がせして誠に申し訳ありませんでした。

ただ、貧血を起こすということは鉄分が不足しているということなので、鉄分補給はちゃんとしなければいけないことを痛感しました。
鉄分を補給できるサプリメントが百円ショップで売っているものの、これはあくまでも栄養補助食品なので、せいぜい気休め程度ですね。
そう言えば、かつて「鉄骨飲料」なる飲み物が大ヒットしましたが、あれは今でもあるのでしょうか。最近は全然見かけないのです。「鉄骨娘」なんて歌まで出て、しかも結構ヒットした時期もあったのですが、もう十年以上も前ですからねぇ。

やはり、ちゃんとした料理を作るのが一番ということで、簡単に調理も鉄分補給もできる料理を作ることにしました。特に、レバーとほうれん草がいいとのことなので、この前の日曜日に、この二品を使った料理を作ってみました。
ほうれん草はおひたしにして、ぽん酢醤油で味わいました。別に醤油だけでも良かったのですが、酢は疲労回復にもうってつけなので、併せて摂取。さっぱりとした味わいでした。
レバーは玉ねぎやもやし、にんにくの芽と一緒に炒め、オイスターソースで味付けしました。にんにくの芽は食べやすい大きさに切り、炒める前に軽くゆでなければならないですが、あとは玉ねぎやもやし、レバーと一緒に炒めてしまえば簡単にできます。で、仕上がる直前にオイスターソースをかければ、ちょっとした中華料理の完成。これまた美味い。
手軽にできて、簡単に鉄分補給ができるし、箸も進むのでまさに至れり尽くせりでした。しかも、たまに料理をしたことでちょっとした気分転換もでき、心も身体も満足。ついでに自画自賛。
おかげで徐々に体調が回復傾向に入りました。医食同源という言葉がありますが、まさにその通りだなと実感しました。

余談ですが、知人から聞いた話によると、カップの中にクギを数本入れ、そこにお湯を入れ、溶けて出た鉄を飲むと鉄分補給ができる(当然ですが釘は飲みません)という情報を得たのですが、果たしてこれは効果があるのでしょうか。直に鉄分補給はできそうですが、身体に害がないか心配です。「錆びてなければ問題ない」とその人は言っているんですけどね。さすがに勇気がなくて無理でした。そこまで切羽詰らないうちは多分しないと思います。

投稿者 龍之介 : 00:02 | コメント (0)

2007年06月20日

子供は母親の所有物ではない

人が生まれて最初に出会う人、それは母親です。赤ちゃんが初めて関係を結ぶ人、つまり最も縁のある
人ですね。次に遅れて父親が存在しはじめます。

しかし、親もまた子を生み育てることにより、初めて親となる存在です。この関わりは、相互の関係ですから、どちらかだけでは成り立ちませんね。

ところが、子は親が所有しているものと見なすと、どうなるでしょう。親は子に、ああしろこうしろと強制し、
子供の歩む道をレールのように勝手に作ってしまうことになるでしょう。

最近ニュースで幼児虐待が増えています。母親が自分の子供を虐待する心理的要因の一つとして、多くの母親が自分自身、幼少の頃、母親から愛されていなかった記憶を告白しています。

大変悲しい因果関係ですね。また一方、今の家族は核家族化して、おじいちゃんやおばあちゃんと接触することが少なくなっている分、母親、父親の未熟さを指摘する人がいなくなっているためとも考えられます。さらに、そんな風に子供を扱うもんじゃないと、注意してくれるような近所のおばさんとのつき合いも
減っているのでしょう。

「負うた子に教えられて浅瀬をわたる」 ということわざがあります。子供をちゃんと背負う(抱きしめる)
ことにより、逆に教えられることがある、とでも言えばよいでしょうか。

子供は、母親や父親に生きることを学ぶのと同じように、母親や父親の方も子供から、親であることを
学ぶ必要があるのではないでしょうか。最近つくづく感じているところです。  合掌

投稿者 ZEN754 : 09:50 | コメント (0)

2007年06月15日

めまいにまつわるエトセトラ

皆様、いかがお過ごしでしょうか。最近ちょっとめまいがする龍之介です。気を抜くとすぐにフラフラします。
どこか体の調子が悪いわけじゃないと思うのですが、用心するに越したことはないので、早速ネットで対処法を調べることにしました。

色々と検索したところ、めまいの疾患に関する情報が乗っているサイトを発見。
そのサイトに、上手にめまいと付き合う方法が書かれてありました。
やはり、ゝ則正しい生活、⊆鬚筌織丱海蝋気┐襦↓十分な睡眠をとる、ぅ好肇譽垢箸燭瓩覆い茲Δ傍い鬚弔韻襦△箸い辰親常生活での基本的なことが対処法となっているようです。△鰐簑蠅覆い里任垢、、いなかなか難しいですね。
あと、コーヒーもなるべく控えた方がいいとのことでした。リラックスする程度に飲むのであれば問題ないのですが、飲み過ぎるとコーヒーに含まれるカフェインの作用によって色々と問題が発生するようです。
最近、モーニングコーヒーを飲むことが多いのですが、ちょっと減らした方がいいのかもしれません(ちなみに、結構いい年してるのに未だにブラックで飲めません)。
ただ、コーヒーのことを含めて、めまいを起こすということは、やはり規則正しい日常生活が送れていないことの裏づけとなっているようです(,最たる問題みたいです)。これを機に一度自分の生活態度を振り返って、改善すべき点を修正したいと思います。

更に、めまいに効くツボに関するサイトも発見しました。
めまいを起こしやすい人は、首の後ろがこわばっていることが多いようです。「こわばっている=筋肉が凝り固まっている」ことで、毛細血管が縮小し、血行不良の状態が持続しているのです。そのために、血液循環が悪くなり、めまいや立ちくらみが起こるとのことでした。
ですから、首の後ろを指で触ってみて凝り固まっているような感じがすれば、それがめまいの前兆とみて間違いないようです。あとは、その部分をマッサージすれば、血の巡りが良くなって、めまいや立ちくらみが改善されると書かれていました。
やはり、十分な体のケアも必要ですね。こちらの方も気をつけていかねばならないと実感しました。
健康な身体は、勝手に作られるのではなく、自分で注意することで維持されるのですから。

投稿者 龍之介 : 00:02 | コメント (0)

2007年06月13日

まったりライフ

 咲くのを楽しみにしていた庭のライラックの木が満開になり、それから1週間くらいは経ったでしょうか、気がつけば数日前、風が吹くたびに花びらがひらひらと舞い落ちているのを見てしまいました。
 代わりに今はツツジが盛りの我が町です。
 龍之介さんも仰っているように、北海道の春は短く、季節の移り変わりも(冬以外は)ハイペースです。
 暖かで眠くなるような「春らしい」日など、本当に貴重かもしれません。
 我が町もここしばらく暖かいを通り越してかなり暑くなっています。

 過ぎ去った気配の春に、昔も今も思うのが、めったにない陽気の日、建物の中にこもって勉強やら仕事などしていていいのだろうかという一種の焦燥。
 だって、来年の春にもここにいられるという保証は誰にもないわけだし。ということは、今を逃したら最後かもしれないわけで。
 夏の時期のみ時計の針を進めるサマータイムの導入という話もありますが、それよりも、春は働く(もしくは学校にいる)時間を短くして、屋外に出ることを推奨する「スプリングタイム」を始めてはどうだろうか、けっこういいアイディアかもしれないと真面目に考えたりしています。
 実際、いそがしさに疲れた心には、春風に吹かれ春の日差しの中にいるだけで、かなり効果的なリハビリになると思うのですが。

 春は何度も経験していますが、思い返せば、春のうららかさが疎ましく、突然の豪雨と暗闇になんとなくホッとしたような頃もあったりしました。
 周りの世界は気分によって違って見えますが、その周りの世界の変化によって気分が変わることもあるんだな、と思います。

投稿者 YUKI : 13:56 | コメント (0)

2007年06月12日

舞台終了

城谷小夜子です。
322年ぶりの再演、「賢女の手習い並びに新暦」の舞台が無事終了しました。
今日、常任理事会で決算しました。
この舞台、いろんなことを教えて貰いました。
おかげさまで、皆も無事で、わたしの声も何とか持ち
お客様の評判もよく、もっとよくしていきたいと思います。
まだまだ片づけが終わりませんが、
明日はちょっとゆっくりして衣装の整理をして、
決算書を完成させたいと思っています。
あ〜〜、無事に終わってよかった〜!

投稿者 城谷小夜子 : 01:08 | コメント (0)

2007年06月08日

太陽の誘惑

皆様、いかがお過ごしでしょうか。ついさっき、コーヒーを飲もうとしたら舌を火傷してしまった龍之介です。コーヒーカップにお湯をなみなみと注いでしまい、こぼさないようにと少し飲もうとしたら、想像以上に熱くて、こんなことになってしまいました。自分で言うのも何ですが、かなりおっちょこちょいです。猫舌なのを忘れていたことを含めて。

この前の日曜日は特に予定もなかったため、当初は少しでも疲労回復させるべく、家でのんびりするつもりでいました。しかし、窓を見るとピーカン照りの太陽光が射し込んで来るし、空は澄み切った青一色に染まっているじゃありませんか。
まるで、太陽が「このまま家にいるのはもったいないよ!」と言っているような気分になり、すぐさま自転車で外出することにしました。
とりあえず、当てもないまま走ることにし、川沿いのサイクリングロードをひた走っていると、あちらこちらで人だかりを発見。河川敷でバーベキューを楽しむ人から、フリスビーやバトミントンなどを楽しむ人まで老若男女を問わず、楽しいひとときを過ごしている様子。犬の散歩をする人から、私と同じようにサイクリングを楽しむ人もいました。
さながら、リゾート地かキャンプ場にでも迷い込んだかのようでした。さすがに、キャンプ場ではないのでテントを張っている人はいませんでしたが。
「やっぱり、これだけ天気がいいんだから、みんなアウトドアを満喫しているんだな」と妙に納得してしまいました。日曜日のほのぼのとした一コマを垣間見ることができた気分です。

しかし、抜けるような青空の下で、自転車をこいでいるだけでも、何と気持ちいいことか。気温も暖かく、風も穏やかだったこともあって、最高のサイクリング日和となりました。ここ最近、色々と忙しくて、心身ともにお疲れモードだったのですが、この時だけはそんなことも忘れ、心地よい気分に浸っていました。まさに、ストレス解消に打ってつけ。その後で、森林浴も堪能したので、完全にリフレッシュできました。
ただ、この前まで桜がどうのこうのとか言っていたせいか、あまりそういう気がしなかったのですが、暦の上ではもう夏なんですよね。そう考えると、北海道の春はやっぱり短い気がします。四月の半ばからと五月一杯までしかないのですから。
とは言え、夏もそれほど長くはなく、のんびり過ごしていたら、あっという間に終わりそうなので、めぐり来る季節を大切に過ごさなければいけないなって感じました。
また天気がよかったら、自転車をかっ飛ばして、リフレッシュしたいと思っています。

投稿者 龍之介 : 00:02 | コメント (0)

2007年06月07日

やった双葉が出た

昨日の強い雨は気がかりだった。
すんごく安く手に入れた家庭菜園の土地はすんごく手がかかる。
抜いても抜いても生えてくる根性のある雑草達。
根を深く広く張った木。
私は雑草達と根気良く付き合う最終的に今は地下茎との勝負。
夫は木の根っことの戦い。
無農薬有機栽培を目指すというか、経済的にもあくまでもじみちな開拓
このぶんでは苗を植える頃には秋風が、
仕方なく一角にミニ野菜、ホウレンソウの種を蒔いた。
去年と変わらないな。
でも、うねを作り種を蒔き終わると愛しさがわいてくる。
お昼過ぎに見てみると小さな双葉が出ていた。
本当にこの世に存在するすべてのものは、手をかけると答えてくれる。
愛情を持ってお水を毎日そそぎ育てると、彼らは可愛らしく芽吹いてくれる。
ほんの少し顔を出してくれた双葉を見て幸せを感じました。
さあ頑張って開拓者しようねお父さん。
たまに帰ってくる息子のために・・・・・。

投稿者 春野桃 : 16:42 | コメント (0)

2007年06月06日

ゆるやかに無理をせず

 精神科医の香山リカさんが、北海道新聞に毎週1回金曜日、「働く女の胸のうち」という連載をしています。
 連載のテーマはタイトルの通り。ですが性別や働いているかどうかに関わらず、生き方全般みたいなところもあると(自分は)思いました。
 この連載を(自分なりに)読んでいると、さまざまな立場さまざまな分野で、一生懸命真面目に生きている人達が、周りの声にとらわれ過ぎず、無理をし過ぎず、「私はこれでいいんだ」といった感じで自分らしく生きられたらもっといいな、みたいな文章が多い感じがしています。
 逆に、それだけこの社会では無理して生きている人が多いのかなあ、とも思ってしまいましたが。

 最近、香山さんがこの連載の中で、「働くということはどういうことか」という問題に対し、「社会とゆるやかにつながること」というような答えをしていて、それを見た時、「ああ、そんなもんでいいのかー」と妙に感心してしまいました。
 以前、完全ではないにしろ、社会との関わりが少なかった頃もある(今も多いとは言えない)自分としては、なんとなく納得できる感じがしました。
 ゆるやかにでもつながっていれば、そこからいろんな足がかりもできるし。それも今すぐ役に立たなくても構わないんですよね。他者とのちょっとしたつながりもできるし。
 「働く」ということに対しても、他人との関わりでも、以前はもっと高いハードルを想定していた気がしますが。今思えばほんのちょっとした矛盾や、ちょっとした違和感も当時は受け入れられなかったりで、けっこう大変だったかもしれません。

 「働くということはどういうことか」なんて、かなり重い問いな気がしていたので、別な見方もあるんだな、と気づかせていただいた気がしました。同じように、人との関わり方にも色々な形があるのでしょうね。

投稿者 YUKI : 15:59 | コメント (0)

2007年06月01日

定期健診リターンズ

皆様、いかがお過ごしでしょうか。新緑の季節が好きな龍之介です。特にちょうど今頃(五月と六月の間)の木々はとても鮮やかな色合いで、見ていて心が和みます。
それに、気温も暑くはないけど、程々の暖かさを保っているのがいいですね。特に晴れ渡っている空を見ると爽快な気分になります。私の中ではこれも一つのストレス解消法であります。

先日、歯科医院で定期健診を受けてきました。今回は特に問題はなかったものの、ある程度の年齢に達すると、歯磨きするときに歯だけに注意するのではなく、歯茎にも気をつけなければならないことを教わりました。歯茎もブラッシングが必要なのだそうです。
ブラッシングをすることで歯茎の血行が良くなり、歯周病の進行を抑えられるのです。要するに、歯を守る上での土台もちゃんととしなければいけないということですね。何事も地盤が肝心のようです。
あと、体調が悪いときや、風邪を引いているときに、歯茎にも影響が出ることを初めて知りました。風邪を引いていると一言も口にしていないし、鼻声だったり、くしゃみやせきなどをしたりといった一目で風邪と分かる症状もなかったのに、一発で見抜かれてしまいました。
どうやら、体調が悪いときは歯茎が少しブヨブヨするそうです。自分で鏡を見てもよく分からなかったのですが、やはりそこは専門家ならではと言ったところでしょうか。
新たに歯茎の磨き方のレクチャーを受けたので、今後も健康な歯を維持できるように取り組んで行きたいと思います。さすがに何度も頻繁に通院するのは避けたいですし。

ただ、歯医者の先生と見つめ合うと、気まずくなる心境は変わらずじまい。やはり、大きく開けた自分の口というなかなか人に見せないものを見せる事に対する抵抗があるから、恥ずかしさを感じるのでしょうか。
ただ、別の視点で考えると、大きく開けた口を見せるということは、相手に対して開放的であると考えられるのかもしれません。実際問題、口ではなく手の平を相手に見せることで、「心を開いていますよ」というサインを出しているという話を心理学の本で読んだ覚えがあります。
「何かこういった万国共通のボディサインがあれば、もっと活発な国際交流が果たせそうな気がするのにな。そうすれば、自らコミュニケーションをとるのが苦手な人でも、簡単にできそうな気がするんだけど……」といったことを診察中に考えてしまいました。
いくら歯茎で健康状態が読み取られても、ここまで考えていたことは、さすがに歯科医の先生も気付いていないでしょうね。

投稿者 龍之介 : 00:01 | コメント (0)