« 2011年07月 | メイン | 2011年09月 »

2011年08月31日

本日の講演:米沢市教育委員会【山形県】


 テーマ:不登校・ひきこもりの子どもの具体的対処法

 対象:教育関係者

 主催:米沢市教育委員会


投稿者 yasukawa : 08:57

2011年08月30日

七転び八起き


 何回転んでも何度も立ち上がり歩き出すからこそ、道は開けます。

人は、生まれたときは、自分の足で立つことができません。

まずは立ち上がり歩き始めることがスタートです。

七転び七起きではなく、八起きなのは、立ち上がることから始めなければならないからです。


投稿者 yasukawa : 09:17

2011年08月29日

後悔先に立たず

 後悔とは、後しろを振り返って悔いる事を言います。

後悔ばかりしていても先に進めません。まったく後悔のない人生を送れる人など存在しません。

いくら後悔しても、もとには戻らないのです。

失敗から学ばなければならないのです。

同じ過ちを繰り返してはいけないのです。

気持ちが常に後ろを向いている間は、前が見えてないので、チャンスや幸運が近くにあっても気がつくことができません。

逆に前を見なければ、躓いて転んだり、大事故にもつながってしまいます。


投稿者 yasukawa : 08:56

2011年08月28日

本日の講演:ネット被害防止地域活動講師養成講座 2日目【三重県】

 テーマ:ネット被害防止地域活動講師養成講座

 対象:教育関係者

 主催:三重県健康福祉部こども局こども未来室


投稿者 yasukawa : 10:07

2011年08月27日

本日の講演:ネット被害防止地域活動講師養成講座 1日目【三重県】


 テーマ:ネット被害防止地域活動講師養成講座

 対象:教育関係者

 主催:三重県健康福祉部こども局こども未来室


投稿者 yasukawa : 10:07

2011年08月26日

本日の講演:平成23年度春日井市立小中学校生徒指導担当者研修会【春日井市】


 テーマ:児童生徒の問題行動とその対応について

 対象:市内小中学校生徒指導担当者

 主催:春日井市教育委員会


投稿者 yasukawa : 09:42

2011年08月25日

『道程』


 『道程』 高村光太郎

僕の前に道はない
僕の後ろに道は出来るああ
自然よ
父よ
僕を一人立ちさせた
広大な父よ
僕から目を離さないで守る事をせよ
常に
父の気魄を僕に充たせよ
この遠い道程のため
この遠い道程のため


 道は自分でつくるものです。

今まで作ってきた道は、逆戻り出来ない一方通行の道。

これから道を切り開いていくには、恐怖も不安もあるはずです。

でも、切り開いていくしかないのです。

まだ見ぬ未来(あした)のために


投稿者 yasukawa : 09:17

2011年08月24日

人と比較する

 不幸な人と比較して、「ご飯も食べれない人もいるんだから、残さず食べなさい」とか、「仕事があるだけ幸せだと思いなさい」と説教する人がいますが、その言葉を聞いたときは、「そうだな」と感じます。

でも、不幸な人と比べて、それよりも良いと優越感を得て納得するのは、どうなのでしょうか?

純粋な気持ちではないようにも感じます。

自分よりも立場的に弱い人、困っている人を助けたいという気持ちが自然と沸き上がってくるのは、素晴らしいことだと思います。

でも、自分は立場的に上だという気持ちが強かったり、助けてやってるんだ!という気持ちがあるなら、本当の意味で相手を助けてることにはならないと思います。

○○してあげている!という気持ちは、上から見下していることになります。

見返りを一切求めない、なんとか力になりたいという純粋な気持ちが大切なのです。


投稿者 yasukawa : 09:35

2011年08月23日

苦手

 苦手な科目の時間になると授業に出たくない気持ちが高まり、時間が長く感じます。

逆に得意な科目は、その時間になるのが待ち遠しく、時間が短く感じます。

同じ時間を費やすなら、ウキウキして、楽しい時間を過ごしたいはずです。

例えば、泳げなくて体育の水泳に参加したくない気持ちが強いなら、スイミングスクールで個別指導を受けて一から水泳を習えばよいのです。

嫌だと思っていることほど敬遠してしまうので、いつまでたっても、恐怖が続きます。

一度、得意になってしまえば、これからの時間が恐怖からワクワクの楽しみの時間に変わるのです。


投稿者 yasukawa : 09:08

2011年08月22日

見えていますか?

 自分のことで精一杯になっているときは、周りの変化にも気がつかないものです。

周りの人が髪型を変えたり、化粧を変えたり、いつもと違う服を着てきたり・・・

そのような小さな変化に気がつき、相手に「髪型変えたんだ。おしゃれだね!」
 「そのスカーフおしゃれだね」
 「その靴、すごく似合うよ」など
自然と声かけをすることが重要です。

人間は自分のことを見ていてくれる人に心を開きます。

コミュニケーションもスムーズになります。


投稿者 yasukawa : 09:05

2011年08月21日

本日の講演:特別教育講座【埼玉】

 テーマ:
      10:00 〜 16:00
         【3】「ネットいじめトータルアドバイザー養成講座」

 対象:教育関係者

 会場:第一高等学院 埼玉校

 主催:全国webカウンセリング協議会

※埼玉では延べ17名が受講されました。
   たくさんのご参加ありがとうございます!!  


投稿者 yasukawa : 17:07

2011年08月20日

本日の講演:特別教育講座【埼玉】

 テーマ:
      10:00 〜 13:30
         【1】「不登校児対応アドバイザー養成講座」
      14:30 〜 19:30
         【2】「心理学研修会、アートセラピスト養成講座」

 対象:教育関係者

 会場:第一高等学院 埼玉校

 主催:全国webカウンセリング協議会

※埼玉では延べ43名が受講されました。
   たくさんのご参加ありがとうございます!!  


投稿者 yasukawa : 18:27

2011年08月18日

勇気

何事でも、初めは小さな勇気が必要です。

人間は決められたレールの上を進んでいくわけではないので、どんなときも不安が付きまとってきます。

いつまでも不安だから、自信がないからと立ち止まっているわけには行きません。

与えられた時間は無限ではないのです。

1歩を踏み出す小さな勇気を持ってください。


投稿者 yasukawa : 08:57

2011年08月17日

本日の講演:平成23年度私立学校初任者研修 近畿地区研修会【大阪】


 テーマ:子ども達を取り巻くネット環境の実態とその対応策

 対象:教員

 主催:財団法人 日本私学教育研究所

投稿者 yasukawa : 09:06

2011年08月10日

三日坊主

 飽きっぽい性格で、長続きしたことがない人は、最初からハードルの高い目標を立てないようにしましょう。

まずは、確実に出来る目標を決め、紙に書き、1週間実行しましょう。

実行できたときは○を書き込みます。

例えば、毎日5キロ走ると決めたなら、最初は、1キロ音楽を聴きながらウォーキングをする!とハードルの低い目標を決め1週間実行します。

1週間後に、再度目標を決めなおします。

これならば、三日坊主で終わる人も長期に渡って実行できます。

続けていくうちに、それが日課になり苦にならなくなります。


投稿者 yasukawa : 13:57

2011年08月09日

はっきりと決まっている目標は紙に書く


 はっきりとやるべき事、目標があるなら、しっかりと心を込めて2枚、紙に書き、自分の部屋とトイレに貼ってください。

毎日、目を通すことにより、脳に刷り込まれます。

出来れば、毎日声を出して読み上げてください。

心の中でだけ思っても、人間はいつの間にか忘れ去ってしまいますが、

自分で心を込めて文字として書き、毎日目を通し、声を出して読むことによって、

目標に向かって努力しようという気持ちが、ドンドン前向きに心の中に入ってきます。


投稿者 yasukawa : 09:31

2011年08月08日

継続すること


 がんばるぞ!と思っても長続きしない。

そのときの気分で、がんばるぞ!と思っても意味がありません。

どんなことでも継続して初めて形になるのです。

一時的な成功は、長い目で見るとあまり意味がないのです。

毎日、継続してやっていることは、しっかりと身につき、自分のものにすることができます。

継続してやらなければ、また、1からのやり直しなのです。

継続してやっていることは、すべてが蓄積されて力になっていきます。


投稿者 yasukawa : 09:41

2011年08月06日

本日の講演:心理療法カウンセリング講座【茨城】

 テーマ:不登校、引きこもりの子どもの具体的対処法

 対象:教育関係者の方、一般の方

 主催:全国webカウンセリング協議会

 共催:日本青少年キャリア教育協会
     ウィザス高等学校
     教育相談室「響」

 後援:茨城県教育委員会
     高萩市教育委員会
     茨城新聞社


投稿者 yasukawa : 09:30

2011年08月05日

プレッシャー

 人は、思いどおりに物事が進まないときに、ついつい相手に重圧をかけてしまいます。

高層ビルと高層ビルの間に平均台を置いてそこを渡りなさいといわれても足がすくんで、震え恐怖心が芽生え、全く渡ることが出来ません。

プロのスポーツ選手でも、重要な場面ではプレッシャーがかかり、結果が残せないことが多いです。

プレッシャーを与えるよりも、出来ると信じ込ませて自信をつけさせたほうが、結果につながります。


投稿者 yasukawa : 08:54

2011年08月04日

たぶん大丈夫!は取り返しがつかないことに


 たぶん大丈夫でなんでも済ませている人は、使い分けをしっかりしなければなりません。

 例えば、たぶん、このDVDは見ていないはずだから、借りよう。

このような場合なら良いですが、車を運転していて、障害物で左は見えないけど、たぶん人は来ていないだろうと左に曲がり、歩いてきた人が見えなくひいてしまった場合、取り返しがつかないことになるのです。

普段から、たぶん・・・で物事を進める人は使い分けをしっかりしてください。

周りに影響が出る可能性がある事などは、最悪の事態も想定して、万全の体制で臨まなければなりません。

目先の利益のことばかりに捕われていると取り返しがつかないことにもなりかねません。


投稿者 yasukawa : 09:55

2011年08月02日


 雨が降った日は、なんとなく気分が乗りません。

傘をささなければならない面倒くささと靴が濡れる、鞄がぬれるなどの嫌なイメージがあるからです。

また外でのイベントも中止になるし、太陽も出ていないから明るい気分になれないからです。

太陽が出ているときは、鳥のさえずりも朝から清々しく感じます。

しかし雨も降らなければ、農作物などにも影響してしまいます。

また、太陽が出ていても毎日のように猛暑日が続いていれば、体がだるくなり何もやる気がしません。

何事もバランスが大切です。


投稿者 yasukawa : 09:29

2011年08月01日

寝る前の食事


 寝る前に食事を取ると、寝ている間に消化行為を行うことになるので、胃にかなりの負担がかかります。

寝る3時間以上前には、食事をすませるようにしたほうが良いでしょう。

また、寝る前の食事は脂肪としても蓄積されてしまうのでメタボにも注意です。

寝る前にアルコール類を飲むとノンレム睡眠が長時間続き体も脳もゆっくりと休めずに疲れが抜けません。

また夜中に何度も目を覚ましてしまうことがあります。

また空腹すぎても、消化管に血液がいかず、頭に血が集まり、逆に寝つきが悪くなってしまいます。


投稿者 yasukawa : 09:14