« 2008年07月 | メイン | 2008年09月 »

2008年08月29日

暑くて寝苦しい夜

 暑くて寝苦しい夜は頭部を冷やすのが一番である。

冷えピタを貼ったり、アイスノンで頭を冷やすのはかなり効果がある。また500mlペットボトルに水を入れ凍らせて枕の両端においても効果があります。

ただし、低反発ウレタン枕は固まってしまうのでペットボトルの方法は使えないので注意が必要。

またタマネギを枕元においておくとタマネギの香りに含まれている硫黄化合物が精神を安定させ寝付きを良くする。

ぜひ試してください。

投稿者 yasukawa : 09:13

2008年08月28日

文字化けメール解読法

 意味不明な半角カタカナや記号が並ぶことを「文字化け」という。

最近はソフトウェアに起因する文字化けが多い。

文字化けした文字を修復するには、次のホームページに、文字化けした文字を貼り付けて変換すれば元に戻すことができる。

《文字化けしたメールの修復》
http://www.kanzaki.com/docs/jis-recover.html

投稿者 yasukawa : 09:11

2008年08月27日

パスワード解読

 パソコンでパスワードを入力するときに、****と表示される。
セキュリティ上、パスワードを隠していてるのだが、この****で表示されているパスワードを内容がわかるように表示させる方法がある。
次にあげるソフトは****のパスワードを表示させるパスワードだが、ダウンロードするだけで****の部分を解読することができる。

《パスワードの確認forXP》
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se282081.html

《パスみえ2000》
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se194796.html

自分で決めたパスワードを忘れた時も、****を解読することにより実際に入力したパスワードを確認できる。
さらに、メールのアカウントなどパソコンに保存されているパスワードも普通に表示させることができる。

投稿者 yasukawa : 09:09

2008年08月26日

足のむくみやダルさを取る

 足のむくみやダルさをとるには足湯が有効だが、ジッと座っているのは時間がもったいない。

アルミホイルを三重まきにしてその上から靴下をはく。

あとは普段通り行動すれば良い。

これで足がサウナ状態になり血行が促進される。

60分程度で足の疲れは抜ける。

投稿者 yasukawa : 09:23

2008年08月25日

ケータイのホームページをパソコンから見る方法

 ケータイ用のホームページをパソコンからは見るためには一工夫必要だ。

インターネット閲覧ソフトの「Sleipnir」や「Lunascape」をダウンロードしインストールする。
インストールが完了し、ソフトを開いたら、ユーザーエージェントを変更する。
「携帯電話から見ている」ように変更することによりケータイ版のページを表示することができる。
例えば、DoCoMoのP902iからみているようにするには、ユーザーエージェント欄を「DoCoMo/2.0 P902i(c100;TB;W24H12)と置き換えればパソコンからP902iからページを見ているのと同じ画面になる。
このようなユーザーエージェントは各機種ごとに公開されている。

投稿者 yasukawa : 09:21

2008年08月22日

北京五輪

 オリンピックの競技を見ていて思うことだが、プレッシャーに強い人しか実力以上の結果を残すことが出来ないということである。

すべての競技は実力にメンタル的な強さが必要とされる。
プレッシャーからくる緊張感によって気持ちが引き締まり目の前のことに対して集中力が高まる人はプレッシャーに強い人で良い結果につなげていると思われる。
逆に、プレッシャーに弱い人は負けたくない、なんとかしないとと気持ちばかりが焦り、焦ることにより脳が正常な状態でなくなり、体が思うように反応しなくなり目の前のことに集中できなくなる。
そのような人は競合いに弱かったり、ミスを連発しやすいといえる。
力を出せる人は、ベストを尽くすことで出た結果が、どうであれ、自分の中で出せる最高のものだと受け入れることができる、というものがある。
普段から集中力を高める習慣をつけている人がどんな状況でもプレッシャーを力に変え結果を残すことが出来ると思われる。

これは普段の私達の生活にもいえることだ。プレッシャーに負けない強い心を・・・

投稿者 yasukawa : 09:05

2008年08月21日

ネットの闇

 現在では携帯電話のインターネット機能を利用して様々なホームページに簡単にアクセスできますが、ケータイから利用できる消費者金融の70%は闇金融業者だと言われています。
ネットの闇金融による被害はホームページに表示される広告を利用して急増しています。

 無料ホームページスペースを利用して最上段や最下段には運営者の意図しない広告が表示され、悪質な出会い系サイトや闇金融へと繋がっていることが多く、大変危険です。
消費者金融で0120のフリーダイヤルのみで固定電話の番号がないものはかなり危険です。
ネットでその金融会社の名前やフリーダイヤルで検索すると闇金一覧に載っている可能性が高いです。
住所も実際に存在しないものがほとんどです。

 NTTの番号案内にかけて同じ番号で登録してあるところは安全です。
また、ネット社会のショッピング広告は違法な誇大広告が無限に存在します。
特にショッピングメール広告は目に余るものばかりです。

みなさんもくれぐれも騙されないように!

投稿者 yasukawa : 10:09

2008年08月20日

ネット上の自称正義の味方

 ネット上の自称正義の味方は、反論されると、必死になって、自分の正しさを主張したくなるのです。

これが「正義の味方」の心理です。

そして、文字のやり取りでは、相手の言葉の揚げ足をとるような言葉の応酬となって、ますます互いが熱くなり「死ね」「殺すぞ」などの酷い言葉が出てくるようになります。

常識がない人、本当は弱い人ほどネット上の匿名性が加わると強くなった気がしてしまうのです。

投稿者 yasukawa : 09:13

2008年08月19日

ネチケット

 ネチケットとはネット上のエチケットの事です。

 ネットを利用する人はやはりルールをしっかり守らなければなりません。
言うべきことは面と向かって言わなければなりません。
面と向かって言えないことを推測でネット上に書くべきではありません。
匿名性を盾に誹謗中傷や批判をする人はマナー違反者です。誹謗中傷や他人の批判をしている人を他人が見れば、悪と見るでしょう。
 しかし、その当人は理由づけをして自分を「善」だと思いこんでいる場合が多いと言えます。
2ちゃんねるなど様々な場面に正義の味方(大きな勘違い)として現れて、自分からみた悪人に対して、激しい攻撃をする人間がいます。
正義の味方だと思って書き込んでいる人ほど考えがずれていたり、思い込みが激しい人に多いと言えます。
 異論、反論はもちろんのこと、賛成できる内容に対しても、もっとこうすべきだと偉そうに自分の要求を押し付けてきます。
社会性に乏しかったり、幼稚な考えしか出来ない人ほどそのような傾向が現れやすいように思えます。

投稿者 yasukawa : 09:10

2008年08月18日

ネット上の激しい言葉

 ネット上の掲示板やチャットでのトラブルは、後を絶ちません。

 掲示板やチャット上で、悪意のある「荒らし」や感情的な衝突によって、激しい誹謗中傷や批判が飛び交うことがよあります。
しかし、 ネットで誹謗中傷や批判を繰り返す人が、現実世界でも乱暴とは限りません。
ネット上の「匿名性」がそうさせているのです。
現実生活では、処罰されるとか、仕返しされるかのではないか?と人は恐れます。
しかし、ネットでは匿名性があるので人は凶暴になってしまうのです。
(厳密に言えば匿名ではないが匿名に等しいと言える)

 また文字だけのやり取りは、相手の発言の隅々まで見て、反論したくなることが多いと言えます。
反論された人はさらに再反論したくなります。
人が実際に会って会話するときには、相手の顔色をみながら話をするので喧嘩をしても終りが見えますが、文字の世界ではこのようなことはあまりありません。 メールやチャット、掲示板への書き込みは、その場で書き、そのまま送信ボタン一つで相手に送れてしまいます。文字だけだと相手の気持ちを考えるのが難しく、悪意をもった人には悪い方に想像力が働き悪循環になってしまうのです。憎しみが憎しみを産み、次第に収拾のつかない酷い誹謗中傷の荒らしになってしまいます。

投稿者 yasukawa : 09:58

2008年08月11日

ネット上の誹謗中傷・批判について

 掲示板でも毎日のようにトラブルが発生しています。

  ・個人又は団体を誹謗中傷する
  ・掲示板で既にやり取りを行っている人を装って投稿をして、
   やり取りを混乱させる。
  ・一人で複数の人を装い、いかにも大勢の人が
   書き込んでいるかのように見せかける。

などの行為です。

 ネットは匿名性が高く自分の存在を隠せるので、中傷を行う人は相手の反応を見て楽しんでいます。
日本人は陰口が大好きで面と向かって悪口を言わなくても陰でコソコソ悪口をいう人が多いと言えます。
また、悪口を書く人は自分自信の事を書かれることに凄い恐怖感を持っている人に多いとも言えます。

投稿者 yasukawa : 09:51

2008年08月08日

強壮効果

 セロリは野菜のバイアグラといわれています。

ニンニク、セロリ、リラには強壮効果があります。

セロリの親戚のセロリアクは匂いは強烈ですが、強壮効果は抜群です。

セロリにもかなりの強壮効果がありますのでご無沙汰の人、最近元気がない人にはお勧めです。

投稿者 yasukawa : 10:06

2008年08月07日

過食症克服のポイント

 食事10〜30分前にコップ2杯の水をゆっくり時間をかけて飲む。
 穀物や炭水化物を含む1日3回の食事を誰かと一緒にきちんと食べる。
 料理は必ず小皿に盛付ける。
 お菓子などを買わない。
 食事は30分以上時間をかけて食べるようにする。
 よく噛み、食後2時間は、嘔吐しないようにトイレに近付かない。
 過食しそうになった時には、グレープフルーツやキウイなど酸っぱいものを口に入れゆっくり食べる。
 ジュースを入れて凍らせ、それをゆっくりなめる。
 また、ガムをかむ。
 フランスパンなど固いものをお腹がすいたら少しずつ口に含み時間をかけよく噛みながら食べる方法やコンニャクゼリーを時間をかけてよく噛んで食べるのも有効です。
 食後は、時間をかけて歯を磨く。
 運動や散歩をする。
 好きなビデオやテレビを見たり好きなマンガを読む。
 時間をかけてゆっくりお風呂に入る。
 不安なことはカウンセラーに相談し自分ひとりで抱え込まない。

過食を克服しようという強い意識を持って望めば必ず過食症は克服できます。

投稿者 yasukawa : 09:45

2008年08月06日

ビタミンC

 ビタミンCは、体内の細胞がたんぱく質を合成するときに重要な役割を果たします。
ビタミンCが不足すると体の抵抗力が失われます。
ビタミンCは発癌性物質のニトロソアミンなどの生成を抑える働きがあります。
ビタミンCは過剰摂取で弊害を招くことはありませんので果物やサツマイモ、ホウレン草、キャベツなどで十分ビタミンCを補給してください。

不要な分は尿に混じって体外に排出されます。
ビタミン剤を飲む場合は睡眠前に飲むのが効率のよい飲み方です。
睡眠中は尿がでないのでビタミンをたっぷり吸収して全身に行き渡らせることができるからです。

投稿者 yasukawa : 09:58

2008年08月05日

境界性人格障害

 境界性人格障害とは、境界性パーソナリティ障害、ボーダーラインなどとも言われる人格障害で女性に多い症状です。

 日本では50人に1人が境界性人格障害だと言われています。
境界性人格障害の人は、 感情が極端に不安定で、激しい怒りを抑えられず、すぐにかんしゃくを起こします。
リストカットなどの自傷行為や自殺未遂を繰り返したりします。
見捨てられることに対して、すごく不安があり、見捨てられそうになると、「自殺する」などと脅したり、嘘をついたりする場合があります。
身近な人からの見捨てられ不安が強く、相手を突然けなすなど対人関係は極端で不安定であると言えます。
また、相談や悩み事を話すのがうまく、この悩みを打ち明けるのはあなただけだと言ったり、 他人を激しく批判したりします。
相談を受けた人は、この人を助けてあげるのは自分しかいない、 という気持ちになり、結果的に相手に操られることがあります。
しかし 境界性人格障害の人は、相手を操っているという自覚はありません。

 境界線人格障害の原因は親にあることが多く、親から虐待された経験があったり、親がアルコール依存症で不安定だったり、親が境界性人格障害だと子どもが境界性人格障害になりやすいと言えます。
また、 アダルトチルドレンのインナーチャイルドが癒せなかったために境界型人格障害になる場合もあります。

投稿者 yasukawa : 09:14

2008年08月04日

タバコ中毒の人

 タバコは体に悪いのはわかっていてもどうしてもやめられない人は、しいたけ、タマネギ、海藻、大豆をとにかく摂取することが大切です。

とくにワカメと豆腐は毎日とるようにするとよいです。

ワカメと豆腐は、タバコがもたらす成人病を予防する効果があります。

また味噌汁の水分はニコチンを溶かして体外に排出します。

投稿者 yasukawa : 09:38

2008年08月01日

痴呆症にならないために

 人間の脳には右脳と左脳があります。

 右脳はイメージ、芸術、空想などの想像活動をし、左脳は計算、言語、理論など論理、分析をします。
両脳を活性化させることは痴呆防止には一番です。
その一番良い方法が文章を書くことです。
実は本を書いたり、手紙を書くだけじゃなくメールで文章を作るのも痴呆防止につながるのです。
文章を作る時、言語を担当する左脳だけじゃなく、右脳は文章のイメージをひろげながら作っているので右脳、左脳のバランスがよく使われているのです。
厚生省の調査でも痴呆症になった高齢者は発症前にほとんど手紙を書いたことがない。という結果が出ています。

 また人は歩かなくなると脳の老化が急速に早まります。
普段から歩くことは痴呆防止にもつながるのです。足を鍛え、脳を刺激するのに「青竹踏み」は大変有効です。
青竹を踏むと足の裏の筋肉や皮膚から脳の大脳皮質や脳幹へ神経刺激が送られて、脳の働きが活性化するからです。

投稿者 yasukawa : 09:53