« いじめ対策に62億円 | メイン | いじめを防ぐために »

2016年03月09日

道徳

 家庭教育が出来ない親が増えている。すべてを学校に丸投げした結果、学校の先生の中でも熱心な先生は特に精神疾患にかかってしまうケースが多い。

公立校の先生は過去最多の4178人がうつ病などの精神疾患で休職している。

今後は家庭を巻き込んだ教育も必要になってくるだろう。

子どもが評価されるだけでなく、子育てをしている親も評価される仕組みが必要かもしれない。

また、教員採用時にも、しっかりと教員適性と心の状態を調べる仕組みをつくることも急務である。

お互いの信頼関係をつくることが、まずは改善の一歩である。


▼ ▼ ▼ お知らせ ▼ ▼ ▼
次回は神戸にて特別教育講座を開催致します。
詳細は下記の日程よりご確認ください。(PDFデータとなります。)
 お問い合わせ先:全国webカウンセリング協議会

 2016年3月12日(土)神戸
   「不登校対応アドバイザー養成講座」
   「アートセラピスト養成講座」
 2016年3月13日(日)神戸
   「ネットいじめ・ネット犯罪対応士養成講座」

 2016年3月26日(土)神戸
   「不登校対応アドバイザー養成講座」
   「アートセラピスト養成講座」
 2016年3月27日(日)神戸
   「ネットいじめ・ネット犯罪対応士養成講座」

活動情報はこちらからもご覧いただけます。


投稿者 yasukawa : 2016年03月09日 08:10